2017年11月19日

またもや予定が・・・

なんでこうもまあ予定が潰れますかね。
今日もサバゲが無くなってしまいました・・・
火曜日も参加予定だったのが消失してしまい、急遽ヘッドショットさんの定例会に参加する事に。

▲疾風会長より受領したマルイ・AK-47S

▲会社の後輩はSIG552

AK-47Sなんですが、これがまたクセのあること。弾道が右に行ってしまうのです。狙っても右に
飛んで行ってしまうので、とてもじゃないけどゲームで使うのは・・・


話は変わり、今度の木曜日は立川防災航空祭です。
毎年この時期になるとヘリ部隊が我が家や職場の上を飛んでいきます。

▲第1師団第1飛行隊 UH-1J

▲東部方面航空隊第4対戦車ヘリコプター隊 AH-1S

▲総務省消防庁 AS365N3 ドーファンⅡ おおたか(左)
        東京消防庁航空隊 EC225LP はくちょう(右)        

▲警視庁航空隊 アグスタウエストランドAW139 おおとり3号、6号

防災航空祭当日は仕事終わりに向かう予定ですが・・・雨予報・・・

  


Posted by 広報部長:大佐  at 15:00Comments(0)広報部長発

2017年11月15日

benelli補完計画第五次中間報告



皆さんこんにちは。
大和魂保存会射撃部です。
第四時中間報告でフォアエンドの換装計画について報告させて頂きましたが、本第伍次でも引き続き報告させて頂きます。

最初に購入したFABDEFFENCE製のフォアエンドが取り付けられなかったため、新たにSUREFIRE製のM 80レイルシステムの輸入手続きを始めました。




▲SUREFIRE製M80

ところが・・・どのショッピングサイトをみてもOUT OF STOCKの連続・・・
約200のサイトを回りましたが、結局購入出来ませんでした・・・
調べてみるとM 80を含めた数種類の製品が廃番となっていることが分かりました。

レイルシステムにしてはゴテゴテしていないスタイルに惹かれて購入を決めただけに残念でなりません。
が、よりキャッチーでグルーヴィなM 4にする為にも「退かぬ、媚びぬ、省みぬ」の精神で他の製品探しを始める事に・・・

Google先生などを駆使してFAB DEFFENCEとSUREFIRE以外にM 4用のレイルシステムを出しているメーカーを検索したところ…
ATI社とBLACK ACES社、B&T社などがあることが分かりました。


ATI社


▲BLACK ACES社


▲B&T社

ATI社は伸縮式のストック、ヒートシールド、マガジンチューブ、フォアエンドがセットとなったお得な商品ですが、伸縮ストックと多弾マガジンチューブが銃刀法にバリバリ引っかかるので輸入はまず不可能…

BLACK ACESの製品はマズル後部からレイルまでを覆うヒートシールドタイプのもので、アルミ製の材質とのこと…値段も30ドルから70ドルとお手頃価格…

B&T社はスイスのメーカーで作りも材質も良さそうです。
値段は最安値が290ドルとまあまあなお値段…

しかもOTS社が輸入しているとの情報もあり、早速同社直営店のエリートさんに問い合わせをしてみる事にしました。

対応してくれたのは感じの良い男の店員さんでした。
早速M 4用レイルについて問い合わせんしてみると、扱いはある様ですが、官公庁以外には販売はしていないとのことでした。

在庫があるって事は納入先かあるって事…
官公庁以外には売らないって事は日本の官公庁でM 4若しくはM1014を使っている部署があるって事じゃん…
考えられるのは自衛隊、警察、海保の3組織ですが、一体どの組織かM4を装備しているんでしょう…
余計な詮索をすると夜中に誰かが訪ねて来るかもしれないので(笑)詮索はこの辺にしておきたいと思いますが、興味深い話です。

話が逸れましたが、そんな訳で残ったBLACK ACESの製品を購入する事にしました。
また色々書類を用意したり面倒ですが、経過は順次お伝えしたいと思います。



  


Posted by 広報部長:大佐  at 08:00Comments(0)射撃部特務陸曹

2017年10月30日

射撃場視察報告

週末を2度もを襲った台風により、ことごとくサバゲ予定を潰されてしまったので、射撃場へ行くという
疾風会長に便乗し、大雨降りしきる伊勢原へ視察してまいりました。

受付で見学者用記録簿に必要事項を記入してバッジを貸し出してもらってイザ見学です。

▲寒かったのでNYPDのキャップに英国警察でお馴染みの蛍光黄色ジャンパー

射撃場内(大口径ライフル用)に入る前からあちこちで発砲音が聞こえます。
なんせ伊勢原に山の中。新東名伊勢原JCT建設現場に近いだけあり、民家もほとんどありません。


大雨というのに射場(50m用)は満席。物凄い射撃音で、流石にイヤーマフ等で耳を保護しないと
辛いです。


さあ、会長の準備完了です。スポッターとは名ばかりですが、スコープで観察です。

▲手前の的が50m、奥の明るい所が100m先の的


30発程撃っていましたかね。上は今回の結果です。
中々当てるのは難しいとの事。

普段銃(エアガン)を見慣れていたので、本物の銃に対して恐怖心とかはありませんが、火を噴いた
瞬間を見ると「やっぱり本物なんだな」と改めて認識した視察でした。

  


Posted by 広報部長:大佐  at 13:30Comments(0)広報部長発射撃部

2017年10月28日

伊勢原再び

こんにちは、大和魂保存会射撃部です。

疾風氏とまた伊勢原射撃場に行ってきたので、その様子をお伝えします。

10:00に射撃場で待ち合わせをしましたが、疾風氏が首都高の渋滞に巻き込まれ少々遅れるとの事・・・
先に射座を確保しようと受付に行きましたが、50メートル射座があいにくの満卓。
もうちょっとしたら開くのでは?という受付の方の言葉を信じ、射座の予約をして場内をブラブラする
ことにしました。

上のスキート、トラップの射場から銃声が聞こえてきたので、相棒を担いで音のする方へ・・・

三面あるトラップ射場では上から下までガッチリ競技用のユニフォームを着用したシューター達が
トラップ競技の真っ最中。

しばらく見学していたところで疾風氏と合流。程なく50メートル射座が空いたとの連絡が入り、2人で
受付を済ませてライフル射場へ向かいました。

射場に入るとお隣さんの銃が視界に入り、遠目に見てすらっとしたフォームから「まさか89式小銃!?」
と目を疑いましたが・・・民間の射場に89式があるわけもなく。

チラッと見えたキャリングハンドルからFALとあたりをつけて眺めていました。

▲FN社が開発した7.56mm自動小銃 FN FAL
(画像は拾い物です)

射撃がひと段落ついたところを見計らって声をかけて見せてもらいましたが、やはりFAL!
サムホール付きのスポーターストックが着いていましたが、間違いなくFAL!
今となっては所持申請が通らないガンキチ垂涎の銃!間近で実物を見ることができただけでラッキーでした^ ^

その後は射座にて休みながら約100発のスラッグ射撃を行い、他のシューターと談笑して情報交換も
行い、有意義な1日を過ごせました。

▲疾風氏の M700改に射場で手に入れた7.62弾を装填して撮影

▲射場内には連射禁止の看板・・・

連射するとレンジマスターが飛んできて怒られます・・・
(間違いなく出入り禁止に)




お土産の7.62mm弾の空薬きょう

▲12GAショットシェルと7.62mm
  


Posted by 広報部長:大佐  at 08:00Comments(0)射撃部特務陸曹

2017年10月27日

誰だ、雨男

ここ最近、ゲーマーさんは仲間を疑っていることでしょう。

誰が雨男か!icon03

先月は台風18号で開催中止、今月は21号ですでにサバゲ予定が消失してます。
(仕事の都合でってのもありますが・・・)

現在接近中の22号も確実に雨を降らすコースを取っており、日曜のゲームも中止が濃厚・・・


てな事で暇になるでしょうから先日調達した、上の画像の腰回り装備の紹介でも。



Bianchi(ビアンキ) 元警察官のビアンキさんが設立した、ホルスターやベルトで法執行機関でも人気あるブランドの1つです。



数年前から米陸軍MP装備を整備したいと思っていたのですが完全放置でした。
が、アメリカのドラマ「NCIS」に「CID:陸軍犯罪捜査司令部」の捜査官が登場して再燃。
調べた結果、ビアンキ製品にたどり着いた訳です。

CID捜査官「ホリス・マン陸軍中佐」

そして、たまたま東京キャロルさんでホルスターやカフス、ライトケースにラジオポーチを確保し、レプマートさんではデューティーベルト、ベルトキーパーやポーチを調達。ヤフオクでマガジンポーチを購入して取り敢えず整備終了かなと。

▲バッテリーケースは無いけど工夫すれば良い飾りにはなりますよ、と販売してくれた
放出品の無線機。キャロルさんに感謝です。

▲まだ足りない気もしますが、とりあえずは・・・

▲放出品のホルスター、当然M9を入れる訳ですが・・・保有するM92Fが入らない!
唯一入ったのは・・・

ホルスターに銃が入らない大問題のおかげで、我が家には3丁のM9がある事が分かりました。
電動(マルイ・単四電池駆動)、エアコキ(マルイ)、モデルガン(メーカーどこのだったか・・・)の3丁。

モデルガンなら入るだろうと思っていましたがキツくて完全には入りません。
電動はサイズが違うので除外され、すんなり入ったのはまさかのエアコキ・・・

意外とバカにできないもんです。
  


Posted by 広報部長:大佐  at 23:24Comments(0)広報部長発装備紹介

2017年10月24日

benelli補完計画第四次中間報告

皆さんこんにちは。大和魂保存会射撃部です。

第参時中間報告でFAB DEFFENCE製のフォアエンドに着いてお伝えしましたが、今回もフォアエンドについてお伝えします。


ぶっちゃけると、フォアエンド装着出来ませんでした!!

間違いなく M4用のパーツなんですが、どうやってもバレルとマガジンチューブ、ARGOシステムと
干渉してしまう…
前回のアップから2日間かけてフォアエンドの干渉部分を加工しましたが、どう加工しても取り付けが
出来ませんでした・・・
不良品なのか確かめるすべがないので分かりませんが・・・


苦労して輸入した部品だけに残念ですが、専用パーツなのに取り付けが出来ないってどういう事・・・

という訳で貴重な時間を費やし負傷までした本中間報告についてはこれで終了です・・・

第伍時中間報告では新たに輸入手続き中のパーツについてお届けします。
では、お付き合いありがとうございました。

こうなるはずだったんだけどな・・・



  


Posted by 広報部長:大佐  at 12:15Comments(0)射撃部特務陸曹

2017年10月22日

benelli補完計画第参次中間報告

こんにちは、大和魂射撃部です。

愛銃Benelli M4をよりグルーヴィ&キャッチーな銃にしようと始めた魔改造計画も今回で3回目と
なりました。


今回は経産省から待ったがかかり、税関に留め置かれていたフォアエンドが無事に手元に届いた
ので、レビューしたいと思います。

▼このような状態で届きました。

▼あまりにも雑な包装・・・プチプチとかに包まっているのかと思ったのに・・・

▼中身。なかなかゴツい・・・上下左右にレールが着いています。

構造はモナカ構造で、ネジで6箇所固定します。
六角レンチがないと脱着不可能ですね・・・

分解の度に6箇所ネジネジしなければならないなんて・・・
大貧民で負けてマジギレする程あり得ない面倒臭さ・・・
(ところでパスタって家庭的なんですかね?マンマパスタって店があるくらいだから家庭的なのかも知れませんね・・・)

とりあえず脳内BGMをDQN臭のする歌からpizzicato fiveのHAPPY SAD に切り替えながら作業を完了・・。
第三次補完計画を完了した新生 M4は・・・

あれ…なんか上手く取り付けが・・・
どうしても隙間が出来てしまうし何かがおかしい…
試行錯誤の結果、 M4のARGOシステムとフォアエンドが干渉し、上手く嵌らない事が判明・・・
正規品なのに取り付け出来ない!何故だぁ!

海外製だからさ・・・

なんて1人1年戦争ツッコミをしてもキシリアの手の者が現れて取り付けを手伝ってくれるわけでもなく、仕方がないのでフォアエンドの干渉部分の肉抜きをする事に・・・


削っては様子を見ながらを繰り返しましたが、時間は深夜の2時・・・

睡魔に襲われながらの作業でうっかり指を切ってしまったので、続きは日を改める事にします・・・

という訳でBenelli M4補完計画第参時中間報告はまさかの次回持ち越しです・・・

to be continued→
  


Posted by 広報部長:大佐  at 08:00Comments(0)射撃部特務陸曹

2017年10月20日

今年5回目

6月に貸切した「S.A.T.横浜港北」さんを再び借りまして、今年5回目の仕事仲間サバゲを実施。
昼間にやるフツーのサバゲは7月のフォレストユニオン以来・・・。


この日の為に調達していたビアンキのベルト&ポーチ群を装着して米陸軍MP想定で、ゲームを進行
していきます。

殲滅戦で体を温め、フラッグ戦で疲れていただいたところで今回は景品付きシューティングマッチ的な
ことをしてみたり。
4つの的を撃ち終えたら最後にフィールドさんからお借りした、TASCO製「タクティカルシューティング
タイマー」を撃ってタイムを計測します。
優勝者は6.33秒をマーク。早かったですねぇ。

主催的立場の私は参加しませんでしたが、参考記録という事でやってみたらまさかの4.63秒。
優勝できたんじゃない?と思いつつ、賞品の東京マルイ「SIG P226 E2」を差し上げました。







場も盛り上がり、ラストは事業所対抗戦となりました。
仕事仲間のサバゲと言ってますが、いくつかの事業所に所属する人達が参加しているのですが、今
回は渋谷エリアと横浜エリアのみの参加だったので対抗戦をしてみました。

我が横浜エリアは10年選手2名がいる3名に対して渋谷エリアは今年初めての人ばかり、5名。

フラッグを2回も取れたし、早撃ちで良い記録出せたし、最後はエアコキM9でさっさと散るとしようと
思いきや・・・敵との相打ちで味方が1人減り、さらにやられて私が唯一の生存者に。
残る4人は全てエアコキの餌食に・・・随分大人げない事をしてしまいました。反省。


仕事仲間サバゲも無事に5回目を終えました。参加者の皆さんもサバゲになれてきたようなので、そろそろ技量向上や部隊行動について話を進める時期かな?思ってみたり。

前回の貸切の様子・・・2017/06/16
2017.06.15 S.A.T横浜港北貸切
日に日に暑くなっていき、全国的に梅雨入りしてしまいましたが、サバゲはやりますよ~という事で、今回は我が家から車で20分かからない距離にある、「S.A.T横浜港北」さんで貸切サバゲです。こちらは2016年にオープンした新しいインドアフィールドです。よくある倉庫を利用したフィールドなんですが、元々は電子機…




  


Posted by 広報部長:大佐  at 16:30Comments(0)広報部長発

2017年10月19日

いざ、伊勢原

皆さんこんにちは、すっかり秋らしくなりましたね。
大和魂射撃部です。

今回は、疾風会長(←いつの間に免許取得していたの? by 大佐)と神奈川県伊勢原市にある伊勢原射撃場に行って来たのでレポートさせてもらいます。


こちらの射撃場はいくつもの射場に分かれています。
 クレー射撃場:国際トラップルール射撃場×3面/国際スキートルール射撃場×2面
ライフル射撃場:10mエアライフル競技場/50mライフル競技場 の他、50mおよび100mの大口径ライフルおよびピストルの射撃に供する施設があります。神奈川県射撃協会が指定管理している公営射撃場です。

2人ともスラッグ射撃なので、受付で使用料と標的代(両方で3千円ちょい)を支払い、いざ射場へ!!


今日2人が使用したライフル射場は、大口径ライフル用の射撃で100メートル射場が5的、
50メートル射場が5的の計10的の車台があり、このうち50メートル射場2的を使用しました。


私はベネリM4を使用、疾風氏はM700改410GAショットガンを使用。50メートル先の的にスラッグをぶち込んできました(笑


まぁ結果はあえて公表しません(できません・・・)
まぁ思う存分楽しむ事が出来たので良しとします・・・

▲左12GAスラッグ/右410GAスラッグ

▲ベネリを構えるケロロ氏

▲火を噴く疾風会長のM700改。サバゲでも同種のモデルを使用されている。

伊勢原射撃場は東名厚木ICから約20分、公営だけあって綺麗な射撃場です。
混み具合にもよりますが、使用料を払えば(ライフル射場)1日射撃が楽しめます。
平日なら渋滞を気にせずアクセス可能なので、ガンガン通って精進します(笑
  


Posted by 広報部長:大佐  at 08:00Comments(0)射撃部特務陸曹

2017年10月17日

スラッグ弾

秋の長雨ではないですが、天気の悪い日が続くと鬱陶しいですね・・・
秋晴れの射撃場で思う存分撃ちまくりたい今日この頃です・・・

さて、今回は保管中のスラッグ弾について軽くお話しします。


スラッグ弾は大物猟のほか標的射撃にも使われる弾で、年配の方だと1粒弾なんて呼ぶ方も
います。


海外だと警察機関や軍関係が建物内に突入する際に蝶番やドアノブ等を破壊する為に使用する
ため、マスターキーなどとも呼ばれているそうです。映画でお馴染みですね。

因みに実際はスラッグだけでドアの破壊開錠は難しく、スラッグ弾でドアノブや蝶番を壊した後、
バッティングラム等のブリーチングツールでドアを破って突入しているそうです。

実際は映画みたいにはいかないんですね・・・

とはいえ、デカい鉛の弾頭がシェルの頭から覗く様子は迫力満点・・・
絶対に撃たれたくはありませんね・・・


手元にあるのは、アメリカ製のレッドバードと、レミントン社(実際は日本の会社が製造)の2種類で、比べてみると弾頭の形状やメタルヘッドの長さが違うなど微妙な違いが分かりますね。
あくまでも個人的な感想ですが、実際に射撃した感じだと、レッドバードの方が良くまとまるような感じがしました。
シェルが少し透けているレミントン製は内部の様子が分かって楽しいですが・・・


凄まじい発射音とリコイル、射撃後のススの多さは両社共通で、射撃時にイヤーマフは必須です。
また、射撃後のクリーニングが半端なく大変なのがネックですかね。
まぁそれも楽しみの1つですが・・・
  


Posted by 広報部長:大佐  at 08:00Comments(0)射撃部特務陸曹