スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2017年08月16日

89式5.56mm小銃

保存会・風の栖全メンバーの中で一番多く所持されている銃、89式5.56mm小銃。
所持しているメンバーによって色々な性格がでるようで。

▲並ぶマルイ初期ロットの89式。上から桜花・疾風会長・広報部長がそれぞれ所持。

▲疾風会長の89式は外見はそのまま。

▲分隊長は被筒(ハンドガード)を取り払いレールに換装。

▲折り曲げ銃床を所持するボブおじさんはドットサイトを搭載。

▲フラジュンは被筒下部にライト類が装着できるようカスタムされている。

▲2012年に参加したハートロックにて数十丁並ぶ89式(手前は広報部長の89式)

  


Posted by 広報部長:大佐  at 08:00Comments(0)装備紹介

2017年08月14日

アパム!弾買ってこい!

相変わらず毎日暑いですね。
大和魂実銃部です。

先日射撃場に行ったため、手持ちの弾薬を使い切ってしまいました。銃砲店に弾薬補給です。


散弾銃の弾には10、12、16、28、40、410などの種類があります。
この数字は、例えば12ゲージの場合だと、1/12ポンドの重さの鉛を鉛製の球(スラッグ弾)を
発射できる内径を持つ、と言う意味だそうです(なんだかよく分かりませんが・・・)。





▲たばこ箱と比較。

このうち日本では12番、20番、410番の散弾実包が一般的で、トラップやスキートなどのクレー
射撃では12番の散弾実包が一般的に使われています
(ちなみに、410番だけは鉛の重さではなく直結0.410インチからとって410番と呼ぶそうです)。

410番はあまり見かけませんが、ライフル銃を散弾銃に改造した銃砲、ライフリングを削り落とす
加工を施し、平筒にした「レミントンM700」や「三八式歩兵銃」等用に使われている弾だそうです。

また、中に装填されている鉛の大きさなどによって様々な種類の実包があり、スラッグ弾、バック
ショット(粒が9.1ミリのOOOバック(トリプルオーバック)から6.1ミリのNo.4バックで、軍や警察は
このバックショットを使用)1号から10号(狩猟、クレー用)までの種類があり、獲物の大きさにより
使い分けます。
また、1発弾ではスラッグ弾の他にハーフライフリング銃用のサボット弾があります。

値段は狩猟用で1発100~300円ぐらい。クレー射撃用は40円ぐらいです。
スラッグ弾だと200円から300円、サボット弾だと800円から1,000円と高価になります。
(私の一食の食費より高い・・・)

私の場合は狩猟免許を持っていないので、標的射撃用のスラッグ弾(1発200円)とスキート用の
9号散弾実包(25発で2,000円くらい)を購入しています。
※自宅に保管できる実包の量には決まりがあり、大量に備蓄することは出来ません。

以前回転不良を起こさずによく回ると書きましたが、銃と弾には相性があるらしく、通常のクレー用
の実包だとたまにジャムるので、鉛の装填量の少し多い28gの実包を購入しています。

また銃砲と実包は別々の場所に保管する決まりにもなっているのですが、
その話は「警察官がやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!(仮)」編で詳しくお話ししたいと思います・・・

▲左から10番・12番・16番・20番・28番・410番です

▲先日の暑気払いで曹長からいただいた散弾・スラッグ弾の空薬きょうと、探したら出てきた、
キーホルダー化された空薬きょう(水色)に東京マルイのBB弾詰まった薬きょう(広報部長)。

  


Posted by 広報部長:大佐  at 08:00Comments(0)実銃部(仮)特務陸曹

2017年08月12日

暑気払い

なかなか集まることができない保存会主力メンバーが珍しく集結。
我がチームではお馴染み・立川の居酒屋で暑気払いです。

最近始まった実銃部の活動について説明を受けたり、我が広報部より状況説明を行う等、
ただ呑んでいるだけではなかったり。


いや、呑んでただけだな。
  


Posted by 広報部長:大佐  at 08:00Comments(0)広報部長発

2017年08月07日

我レ夜間戦闘に突入ス

ボブさんからも報告が入りましたが、初の夜間サバゲを敢行しました。
夜間とはいえ、スプラッシュさんの「イースト・ヒル」は湿度高い・・・蚊はそこまで気にならなかった
ですね(蚊取り線香・虫よけグッズ必須ですが)。

▲イースト・ヒル内にある簡易セーフティ

▲こちらはメインセーフティ

これまで、貸切でウエスト・バンブーや、インドアのバトル・レンジではお世話になっていましたが、こちら側は初めて足を踏み入れました。
といってもウエスト・バンブーの隣だから山だろうな思ってましたが案の定。

車上荒らしが出没するとかフィールド側からの注意を気にしつつ、メンバー揃って準備完了したのが22時ごろ。
何と言っても暗い!
パキっと折ると光るやつ(ケミカルライトっていうんですね)をマーカー代わりにしてゲーム開始です。
怪我もしやすい状況下、無理ない程度に殲滅戦からスタートです。

直後、私一人だけスタート地点に残された(動かなかっただけ)のですが、聞こえてくるのは虫の音・・・
誰も撃たない、敵が動く音さえ聞こえない、昼間とは違う怖さです。
ファスガンシステムを使用したゲームで、150m先から狙われているとも違う、恐怖・・・

そんな恐怖とも戦いながら時間は過ぎていきますが、一人、また一人と帰宅する人たち。
聞くと夜が明ければ仕事と言うじゃありませんか。タフな人たちですね・・・

そんなことを思っていたら、残り4人に。
流石に仕事で夜勤をやっている私でも朝4時は辛いです。
空は明るくなり始め、近所で飼育されてる鶏が鳴き始めました。
帰宅する事を考えると、そろそろ引き上げないといけません。東京方面へ向かう千葉市民で道が
渋滞する前に撤収です。

よく生きて帰宅したなぁと思いつつ、夜戦の感想。
30すぎたらオールは危険!
▲ボブさんと。

  


Posted by 広報部長:大佐  at 08:30Comments(0)訓練報告広報部長発

2017年08月07日

ボヴおじさんの貸切サバゲ【夜戦編】

一応梅雨が明け、暑い日々が続いておりますが、皆さんいかがお過ごしですか?
ボブです。

さて、私の職場の仲間等とともに、不定期に開催している貸切ゲームは、過去に何回か記事に
なってますので、ご覧になっていただいた方もいらっしゃるかと思います。

今回の貸切ゲーム、参加者は、保存会からは大佐、私の会社関係は私含め8名。
利用させていただいたのは、千葉市にある「スプラッシュ」さん。
以前、何回か屋内フィールドでお世話になりましたが、屋外は初。

今回は、フィールド以外にも初の要素が。
そう、夜戦です。(こっちの人は関係ないです)


ちょうど世間は夏休み時期。休みを合わせる等して、実現となりました。

そして、夜戦ということで投入した装備が二つ。
まず、フルオートトレーサー。
正直、弾道が確認できればいいかな?程度のつもりでしたが、まあ光る光る。


イメージとしては、ニュース映像の対空砲火か、08小隊のアレですね。



そして、もう一つの機材が暗視スコープです。
ヘッドマウント可能なタイプと、録画機能付きの2種類を持参しました。



ちなみに、フィールドはセーフティ以外は、ところどころ設置されたライト付近以外は、かなり暗かったのですが・・・


暗視スコープだとこんな感じに!


では、私がワンサイドゲームになったかと言うと…そんなことありませんでした。
暗視スコープって視界が狭く、エイムしている方向も必ずしも見られませんし、ゴーグルの曇りで
視界不良に(・_・;)
さらに言うと、メンバーは迷彩服や黒系のBDUですから、仮に見えても昼間と同じで、探せるか
どうかとは別問題(;・д・)



どーしても夜戦で勝ちたい方は、こんな感じのサーマルスコープをご購入ください。


一方、我々は勝ち負けよりも楽しさ重視で、殲滅戦メインで、明け方まで進行いたしました。
翌日出勤や所用のあった皆さん、すいませんでした(^_^;)


休みの取得しやすい時期、暑さも和らぐ日没後の夜戦、皆さんもいかがでしょうか?
以上、ボブでした。
  


Posted by 広報部長:大佐  at 08:00Comments(0)訓練報告ボヴおじさん

2017年07月29日

銃砲店に行ってみよう!

こんにちは、大和魂保存会実銃部のケロロです。
今日は銃砲店について話したいと思います。

銃砲や弾薬の購入にメンテナンス等々、銃砲店と実銃は切っても切れない関係にあります。
私も実銃を所持するにあたり、数件の銃砲店を回って色々とアドバイスを頂きました。


とはいえ銃砲店はトイガンを扱っている店とは明らかに違ったオーラが漂っているので、入りにくい
のが実情かと思います。
また、中には「俺ガンマニアなんですよ、タクティカルなヤツありますか?」的な感じで入ると、あから
さまに嫌な顔をするお店もあるようです。

私もミリブロに投稿させてもらうぐらいですから、ミリオタの端くれである自覚はありますが、さすがに
初めてのお店には都市型迷彩(スーツ)で行きました(たまたま仕事の合間に行っただけですが…)。

色々ぶっちゃけた話をするのは何度か通ってある程度の人間関係を作ってからにしましょう(笑)

こう書くと敷居の高い感じを受けるかも知れませんが、銃砲店を経営するくらいですから鉄砲好きに
は変わりありません。
増してや私たちは将来のお客さん候補生な訳ですから、ガンガン行って色々とアドバイスをもらいま
しょう。
また、銃砲店の方が初心講習や射撃教習の講師をすることもある訳ですから、色々相談に乗って
もらえるし、試験対策や射撃のコツを教えてもらえるかも知れません。
それに店内に並んでいる銃砲を眺めるだけでも1日いても飽きませんよ。
  


Posted by 広報部長:大佐  at 14:00Comments(0)実銃部(仮)特務陸曹

2017年07月24日

涼しい御殿場で光線銃!!


今年から定期的にスタートしたファスガン・光線銃。流石に常連参加者も戦い方が分かってきた為、
なかなかヒットを得るのが難しい広報部長です。

ファスガンは100m以上先の目標にも当たる光線銃システム。そんな先の草むらや林に隠れている
敵(しかも陸自迷彩着用率90%以上)なんぞ、普通では発見できません。
なので、通常のサバゲでは使用する必要性もないようなスコープが大活躍。

▲参加者のほとんどが陸自迷彩

さらに実戦でも脅威なのでしょうが、スナイパーの存在・・・
これがとてつもなく恐ろしい。
BB弾サバゲでのスナイパーの脅威なんてのは可愛いもので、ファスガン搭載狙撃銃、更に言えば
三脚に乗せた狙撃銃ときたら・・・

▲疾風会長のファスガン仕様の狙撃銃

▲観測手と共に警戒に当たる狙撃手

▲ここ最近、狙撃手に転向しつつある疾風会長と春以来のサバゲ・フラジュン

▲夏だけ限定・海自風広報部長

▲曇り空で風も涼しかったので、フル装備でも平気でした

▲ゲーム中、拝めないと思ってたらクッキリハッキリ富士山

時折雨もパラつき、途中で中止なんてことも考えられましたが、7ゲームで終了しました。
ファスガンやるには絶好な曇り空で良かったです。

BB弾が飛ばない、ゴーグルいらない、ゾンビも発生しない、最高なシステム「ファスガン」を使用したサバゲ。
もうスコープを買わないとダメなのかなぁと思いつつも、通常のサバゲでは使わないからなぁ~
買うぐらいなら、後方で指揮してた方が面白いよな~とか色々な思いを巡らせながらの帰り道でした。



  


Posted by 広報部長:大佐  at 12:00Comments(4)訓練報告広報部長発ファスガン(光線銃)

2017年07月22日

講習会。

こんにちは、大和魂実銃部(仮)の特務陸曹です。

なんとなく始めたこのコーナーも5回目になりました。
今回は実銃所持のための第一関門、初心者講習についてお話をしたいと思います。

まず、講習を受けるためには警察署に出向き、生活安全課(係)で申し込みをする必要があります。
(警察署に出向く事がまず第一関門かも…笑)



担当の方に初心者講習を受けたい旨を告げると、6800円分の証紙を買って申し込みを行います。
(証紙は警察署の中で買えます)

申し込みの時に銃砲を所持したい理由などについて簡単な質問を受けましたが、世間話の様な感じ
で和やかに終わりました(笑)

ネットなどではアレコレ難癖をつけてあしらわれた、なんて人の話も聞きますが丁寧に対応してもらえ
ました。
ただ、アポなしで行ったためか、別の用務と平行しての申し込みになったようで、担当の人がちょい
ちょい席を外していました。

場合によっては担当の人が事案や会議などでいない場合もあるようなので、私のようにアポ無しで
行かず、前もって来署したい旨を伝えてアポを取っておくと良いかもしれませんね。

私の住む山梨県では、月一回のペースで場所を変えて初心者講習が行われていて、私が受けた時
はリニア実験線で有名な都留市の会場でした。


講習は午前、午後に分かれていて、申し込みの時に貰ったテキストを元に講習が行われます。

講師は富士吉田市にある銃砲店の方(著名な選手の方だそうです)と警察官の2人で、銃刀法や
火取法の基礎知識や銃砲の取り扱いなどをDVDやパワポで学びます。
(説明がちょっと分かりにくかったのは秘密です)

因みに昼ご飯は会場近くの翔鶴と言う中華料理店に行きましたが、朝鮮焼き定食(豚)が絶品です。


ひと通り説明が終わると、自習時間を挟んでいよいよ試験となりますが、講義の合間に重要なポイ
ントを教えてくれるので、テキストを予習しておけば問題なく受かります。

私が受けた時は20名ほどの方がいましたが、全員無事に受かっていました。



試験に受かると講習修了証明書を交付してくれるので、この証明書と関係書類(種類が多く揃える
のがとても大変…)を揃えて、次のステージである教習射撃の申請となります。


因みに所持する銃砲がエアーライフルであれば、講習に受かった時点で所持することができます。
  


Posted by 広報部長:大佐  at 08:00Comments(0)実銃部(仮)特務陸曹

2017年07月21日

8年ぶりの・・・

そう、8年前でしたか、ここに来たのは。


あの時はまだ若かった。貸切イベントで訪れてまして、当時の写真を見ても参加してた皆さんが若
い事。面白い。
そして車は盗まれたサーフ・・・(←これに関しては暇な時にでも)頑張って参加者を駅までピストン
輸送した思い出が蘇ります。
この時は警察装備・・・といっても安物のSWATベストにホームセンターで購入した作業服という、
今では考えられないカッコしてましたね。

▲フラッグゲットな瞬間。電動グロックを持って行ったのは覚えてます。

さて、懐かしむのはそのぐらいにして。久々に「フォレストユニオン」さんを訪れる機会がやってまい
りました。近隣のビームさんやユニオンFC店のヘッドショットさんの定例会には参加したこともあり
ましたが、ユニオンさんのは初ですね。

分隊長のお知り合いで、VR体験の時にもご一緒した黒さんとそのお知り合い、計4人で挑みます。


ゲームはフラッグ戦(1回のみ復活有り)が主で、セミオンリーや攻防戦も行われてます。
この日は100名以上参加されていたと思います。流石老舗のフィールドです。

▲人数把握の為でもあるのでしょう、受付するとカードをくれます。

熱中症対策でユニオンさんが用意してくれている塩タブレットをチビチビやりながら、私は自分の
ペースで休みながら参加していきます。風が無いから暑いこと。

お昼はフィールド名物?カレーです。前日夕飯カレーなのを忘れてましたが。
(良くある事です、連チャンカレー)

そういえば、昼休憩中になぜハンドガン戦やるんですかね。よくまあ休憩せずにやるなぁと、感心。

▲シューティングレンジは35m分。近年オープンしたフィールドよりは短い。

▲受付広場。シャワー室・更衣室完備。


▲屋外だけど「フォレスト」とつく通り、フィールド内は直射日光で眩しいなんてことは無い。


  


Posted by 広報部長:大佐  at 08:00Comments(0)広報部長発

2017年07月13日

実射の後はメンテです。

こんにちは、大和魂実銃部です。
4回目の今回は、射撃場に行ってきたのでその報告とメンテについて話したいと思います。

当初山梨県大月市にある大月国際クレー射撃場に行こうとしていたのですが、今日はあいにくの
休業日・・・なので隣の都留市にある鹿留射撃場に行くことにしました。
中央自動車道・都留インターから約20分、目的の鹿留射撃場に到着しました。
天候は絶好の射撃日和ですが、とにかく暑い・・・


2箇所ある射座のうち、下にある射座でスキート射撃を3ラウンドやってきました。
※スコアは特定機密です・・・
射撃場は貸切状態で、下手くそがバレずに済みました(笑)

鹿留射撃場はスキート、トラップの他に50メートルのスラッグ射座があります。
一言で言えば素朴でアットホームな雰囲気ですが、設備がジュースの販売機が1台あるだけなので、
食料などは手前のコンビニで調達する必要があります。


もうちょい撃とうかとも思いましたが、日頃の運動不足が祟ったのか、左腕がプルプルしてきたので
切り上げることにしました。


チラッとお話をしましたが、私の相棒はBenelli社製のM4、20インチ(モデチョーク付属)です。


これまでのM1からM3までのシリーズとどう違うのかと言うと、M3までの反動利用式
(イナーシャシステム)からガス圧利用式(A.R.G.O.=Auto Regulating Gas Operated:ガス圧
自動調節)システムへと作動方式が大きく変化している。これは、2本のステンレス製ピストンを
薬室のすぐ前方に備える方式で、弾薬の長さや装薬の量に応じて安定した作動を実現できる。
ただし、非殺傷用などの弱い弾薬を使用する際にはボルトを直接手で作動させる必要がある。
(wikiより抜粋 )

そうで、M3の様に手動切り替えはできません。

見た目はゴーストリングサイト、20ミリマウントレール標準装備で、思い切りタクティカルな見た目
をしています。

ネットでは弱装弾では回らないとか回転不良を起こすなどのネガティヴな評判も散見されますが、
私の相棒はガンガン回ってくれます。
分解は銃口下部のマガジンキャップを外して、バレルユニットごと抜き出します(ちょっと分かり
づらいですが、バレル下部にガスピストンがあります)。


フォアエンドは左右分割のモナカ構造です。
バレルユニットを抜き出し、コッキングレバーを取り外すとボルト一式も外れます。
部品点も少なく、簡単にバラすことができてメンテも容易です(今回はトリガーユニットは外しません
でしたが、簡単に外れます)。

メンテ方法ですが、私の場合はボアクリーナーで銃身内の汚れ(ススや鉛カス、スラッグを撃つと
鉛カスが沢山付着します)を浮かせた後、真鍮ブラシ(洗い矢)で汚れを掻き出します。

▲分解した銃身内部をクリーニングロッドにつけたパッチで拭っています。

次に潤滑油(WD-40、アメリカではメジャーなようですが、近場の銃砲店には置いてなかったので
アマゾンで買いました)を吹き付けた後、クリーニングロッドにガーゼ等を巻きつけ、汚れを拭き
取ります。


この動作を汚れに応じて数回繰り返し、最後にWDを塗布して余分な油を除去して終了です。
メンテの方法は人によりまちまちなので、色々試して自分流のメンテ方法を見つけるのも楽しみ
のひとつかもしれません。

中には真鍮ブラシをインパクトドライバーの先端に取り付けてブン回す人もいるそうです…

ちなみにクリーニングキットはOTISのマルチクリーニングキット(9ミリ、40、45口径のハンドガン、
5.56、7.62、12ゲージ用のクリーニングキットが入っています)を使っていますが、イマイチ使い
にくいので違うクリーニングキットを購入予定です。




持ち運びが楽なので、射撃場などに行く時には荷物が減らせて便利かもしれませんが…

ちなみに載せているサイトは、VECTOR OPTICSのスフィンクスで、ネットで8000円くらいで購入
したものです(金がなかったので…)。
値段の割には使いやすく、1000Gまで耐えられるそうなので今のところ問題はありません。

今回は使用していませんが、FROG LUBEという潤滑油を手に入れたので、今度試して見ます。

私も知りませんでしたが、元シールズ隊員考案のグリスで、クリスコスタ氏をはじめアメリカの
シューターの間では有名な潤滑油だそうです。

天然由来成分100パーで、食べても害は無いそうなので、大佐に食レポを頼みたいと思います。
  


Posted by 広報部長:大佐  at 08:00Comments(0)実銃部(仮)特務陸曹